読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀北町への旅

紀北町

私が紀北町へ最初に来たのは、たぶん旅行会社のモニターツアーだったと思います。

 

私の住んでいる近所にお寿司屋があって、はじめて、マンボウを食べました。

 マンボウまた食べてみたくて、マンボウと渡利牡蠣のツアーというのに行きました。

 

渡利牡蠣は、湖まで漁船で牡蠣筏を見に行って、試食。

その後、古里民宿でマンボウ料理の昼食。

最後は大内山の頭之宮四方神社へ行くというツアーでした。

結構楽しめたこのツアーを、その後見ることはなかったです。

 

 

その後、名古屋栄の中日文化センターでのフィールドワークで再び、ツアーで行きました。

 

その時のコースは、

豊浦神社→高塚山展望台→古里民宿で昼食→大昌寺→泉福寺→魚まち散策→道の駅マンボウ

というコースだったと思います。

 

高速バスが、遅れて紀北町へ着いたため、

三浦地区は、高塚展望台は断念して、豊浦神社だけになりました。

豊浦神社は、海に面した神社で、ここにも大きなクスノキを初め、豊かな植物がたくさんあります。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161121050254j:plain

ここにみかんの原種のヤマトタチバナがあります。

この時、小さな実がなっていました。

今年2月に亡くなられた小倉肇先生が、

「取るのは教育委員会の許可がいるのだが、特別に許します」

とおっしゃって、フィールドワークに来た方々に、1つずつ取らせていただきました。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161121050517j:plain

 

 

その後、古里民宿で昼食をとり、(とても豪華でした)

赤羽地区の大昌寺や泉福寺では、文化財を堪能。

このころ、まだ、熊野古道の知識があまりなかったので、

お寺の庭をさして、小倉先生が「ここに熊野古道が通っていた」

とおっしゃったときはびっくりしました。

 

その後、魚まちを散策しました。

この時、初めて長島神社のクスノキに出会いました。

すごく心惹かれて、印象に残りました

 

この日、伊勢エビ漁の解禁の日で、漁船が一斉に海に向かうのを見ました。

また、マンボウが港あがったと知らせを受け、見にも行きました。

 

 

紀北町は、その後もたくさん訪れていますが、

食事もおいしいところが多いです。

このほかにもまだまだ、行けていない魅力的なところがあります。

ぜひ、紀北町へお越しください。

 

紀北町観光協会

www.kihoku-kanko.com

 

 

紀北町観光協会ブログ

http://www.kihoku-kanko.com/blog/