読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシをいろいろと置きに行きました

準備

近鉄週末フリー切符を使って、三重県内の施設にチラシを頼みに行きました


一発目に、ドキドキしながら行った伊勢市観光文化会館さんは、
どうぞとあっさりとお願いできました。


その他、何箇所か回って、断られた所もありましたが、
概ね置いて頂きました。(感謝です)

 


特に印象に残ったのは、名張駅前の観光協会出張所と桑名です。


名張市図書館では断られましたが、(市内のみのため)
観光協会さんは、私達がなぜ名張市に入ったかも、映画のことも詳しくお話を聞いて頂きました。


名張市にどうしても入りたいと思っていたのは、

能面の阿古父尉を天河に置いて行った観世元雅のおじいちゃんの
観阿弥が生まれた場所とされているからです。

能についてのイベントが多い名張市には行きたいと思いました。


その事実がわかったのは、チラシを配りに行く数日前でした。
(ずっと伊賀市だと思っていた)


ここの観光協会さんは、三重県が前までやっていたみえ旅バスポート
(今は、みえ食旅パスポートをやっています)を、この場所で上がりになって、応募箱に入れるとき、
一緒に『当たりますように』って、拝んでくださり、とても印象に残っていました。


名張市は、江戸川乱歩のゆかりもありますが、最近、観阿弥の関係で観光に来る方も多いそうです。

 


さて、色々配って桑名にきて、観光協会さんによろうと思い、
桑名市駅前のサンフォーレさんに行きました。

観光協会さんは移動されていて、シャッターが下りていたので、頼めなかったのですが、
この施設の二階に、なぜか紀北町のポスターを張ったコーナーがあります。


桑名市役所の出張所の方に聞くと、一階のまちづくり桑名さんが管理されていると聞きました。


受付時間もすぎていましたので、場所だけと思い、場所を見にいきました。
事務所がわかりずらくて、かなり行ったり来たりしました。

 

駐車場管理のような事務所に入って聞こうと思い、
事務所に入って聞くと、奥にあると教え頂きました。

でも、社長がいますからと、社長さんが出てこられてました。
「ポスター貼らして頂けますか?」と伺うと、
紀北町のものなら、どしどし張って下さい」とおっしゃいました。

お言葉に甘えて貼らして頂きました。


前からここに来るたびに気になっていたので、
後で経緯を聞けば良かったなと思いました。

今度、うかがったらぜひ聞いてみようと思っています。