読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/8 富山市民プラザ の自主上映会のこと(ガイアの集い 第200回記念)

上映会

5/8に富山市での地球交響曲第8番の上映会があることは知っていましたが、

ゴールデンウィークの最終日だったこともあって、行こうかどうしようか考えていました。

 

シネマ雄さんと連絡を取り始めて、シネマ雄の酒井さんも富山にスクリーンを

持っていくことを知りました。

 

 

中澤宗幸さんのトークショーも聞いてみたいし、

穴澤雄介さんによるTUNAMIヴァイオリン演奏も聞いてみたい。

シネマ雄の酒井さんにもお会いしたい。

 

 

ということで、富山に行くことに。

 

でも、家で当日バタバタしていて、乗ろうと思っていた高速バスには乗れず、

遅れて高速バスに乗りました。

名古屋から富山までの高速バスが1時間に1本ペースであることが幸いして、

監督の講演から入ることができました。

 

 

初めて、目の前で拝見する、中澤宗幸さんは映画そのままでした。

主催者の平野さんの希望を監督がふる形で、

イタリア・クレモナで、中澤宗幸さんが体を使って、

楽器の説明をされる あの場面を再現され、会場は沸きました。

 

 

穴澤雄介さんによるTUNAMIヴァイオリン演奏もすごくよかったです。

 

 

なにより、

今回、わと和 富山ガイア実行委員会さんが

「ガイアの集い 第200回記念」の自主上映会ということで、

第1番から第7番までの自主上映会の過去を振り返る映像が流れ、

主催者の平野さんから、平野さんのお母さんに花束贈呈されたことを拝見して、

自主上映会ならではの、あたたかさに感動しました。

 

平野さんはまったく、この映像が流れることを知らなかったので、

仲間内で仕掛けたサプライズでした。

 

 

 

後日、ガイアの集いにお邪魔した時、

今回の映画をブルーレイ上映していたことを知りました。

これまでに何度か第8番を見ていましたが、

まだ、DVD上映ばかりで、ブルーレイでは映像は見ていませんでした。

 

早く、富山入りしていたら、見れたのにと 少々残念に思った今回でした。