読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天河大弁財天社と能と阿古父尉

 昨年12月、奈良交通さんの

奈良交通 二人静と「天河伝説殺人事件」の舞台 大和歴史紀行 能楽ゆかりの地めぐり」

というツアーに参加しました。

 

このツアーでは、二人静と「天河伝説殺人事件」のゆかりの地を少しだけ巡っていきます。

この時の参加者は奈良県内は2人のみという、ツアーで、参加者のお目当ては、天河大弁財天社です。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161203023712j:plain

私も天河大弁財天社に来るのは、初めて。

大和八木駅から発着のこのツアー、そこからなら、そんなに遠くはない印象でした。

 

まだ、このときは、地球交響曲自主上映会の主催者になるとは思っていなくて、

単純に「天河伝説殺人事件」の舞台に惹かれての参加でした。

 

奈良まほろばソムリエさんの解説のおかげで、吉野の良さをとても感じました。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161203025210j:plain

 

 その後、地球交響曲第8番をきっかけとして、能を見に行こうと思い、
愛知県豊田市能楽堂に行きました。

 

演目は、狂言「八句連歌」と能「松風」でした。

チケットを予約した時は、まだ、空いていたのですが、当日は満席でした。

 

能「松風」は、その時代の時の流れが見えるような、須磨の海が広がるようなゆったりとした雰囲気と、激しいお囃しと舞に心打たれました。

 

このとき、売店に売っていた本が
「能面を科学する~世界の仮面と演劇 神戸女子大学古典芸能研究センター 編」という本です。

とても興味ありましたが、4000円台というお値段に手がでなくて、

愛知県図書館から在住図書館に取り寄せていただきました。

 

この本には、天河大弁財天社の宝物庫に納められている

「阿古父尉(あこぶじょう)」という能面の鑑定についても、記述されていました。

(映画の一場面とも繋がりがあります)

 

その他、在住図書館の能のあたりの本をいくつか読んだところ、

「阿古父尉(あこぶじょう)」が天河大弁財天社に納められた当初は、

名前がなく、後々に 天河大弁財天社の能面研究に入った方が、

能面の眉間のしわが こぶ のような さまから、

「阿古父尉(あこぶじょう)」と付けたと知りました。

 

三重県や、和歌山県には、多くのクスノキがありますが、

なぜ長島神社のクスノキだったのかが、とても納得がいきました。

 

地球交響曲の熊野のコーディネートさんから、

こぶのあるクスノキを監督に紹介したと伺っていましたが、

あまり、理解していませんでした。

 

長島神社のクスノキの特徴は、こぶが立派なことです。

いつ見に行っても、圧倒されます。

ぜひ、見に来ていただればと思います。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161203031338j:plain

f:id:gaiao_tanoshimukai:20160922200810j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はだの 地球交響曲第八番上映会

上映会

先日、神奈川県入りして、上映会におじゃましました。

中澤宗幸さんのお話し会、中澤きみ子さんのコンサート付き。

 

とてもとても、暖かな素敵な上映会でした。

 

ガイア8番をたくさん見ましたが、

まだまだ、こんなこと言っていたんだ。

こんな場面があったのだと、発見がありました。

 

中澤宗幸さんと恩田プロデューサーのお話も、とてもよかったです。

 

中澤きみ子さんのヴァイオリンは、語るように弾かれるので、

きれいな旋律とやさしい音色は、

普段、聴いているヴァイオリンとは全く違うものでした。

 

最後にみんなで合唱した「ふるさと」は、

いろいろなイベントで歌いましたが、

一番心が一つになった思いがしました。

 

以前のガイアネットワークの方々とのつながりを

思いださせていただいた、上映会になりました。

喜久寿しさん「渡利かきのひつまぶし」

紀北町

昨年の今頃、喜久寿しさん「渡利かきのひつまぶし」目指して、

紀州入りしたのに、喜久寿しさんはお休みで食べることができなくて、

やっとこの前食べることができました。

 

名古屋のひつまぶしのように、おひつに入っていて、

薬味があって、出しがあって、何杯でも違った楽しみ方が出来ます。

 

渡利かきを久しぶりに食べることができて、

とてもおいしかったです。

 

www.kihoku-kanko.com

 

 

海山公民館をもう少し奥へ行くと、白石湖があり、

渡利かきの筏の風景も見られます。

紀北町へお越しの際は、ぜひ、渡利かきを堪能してください。

www.kihoku-kanko.com

 

 

 

紀北町への旅

紀北町

私が紀北町へ最初に来たのは、たぶん旅行会社のモニターツアーだったと思います。

 

私の住んでいる近所にお寿司屋があって、はじめて、マンボウを食べました。

 マンボウまた食べてみたくて、マンボウと渡利牡蠣のツアーというのに行きました。

 

渡利牡蠣は、湖まで漁船で牡蠣筏を見に行って、試食。

その後、古里民宿でマンボウ料理の昼食。

最後は大内山の頭之宮四方神社へ行くというツアーでした。

結構楽しめたこのツアーを、その後見ることはなかったです。

 

 

その後、名古屋栄の中日文化センターでのフィールドワークで再び、ツアーで行きました。

 

その時のコースは、

豊浦神社→高塚山展望台→古里民宿で昼食→大昌寺→泉福寺→魚まち散策→道の駅マンボウ

というコースだったと思います。

 

高速バスが、遅れて紀北町へ着いたため、

三浦地区は、高塚展望台は断念して、豊浦神社だけになりました。

豊浦神社は、海に面した神社で、ここにも大きなクスノキを初め、豊かな植物がたくさんあります。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161121050254j:plain

ここにみかんの原種のヤマトタチバナがあります。

この時、小さな実がなっていました。

今年2月に亡くなられた小倉肇先生が、

「取るのは教育委員会の許可がいるのだが、特別に許します」

とおっしゃって、フィールドワークに来た方々に、1つずつ取らせていただきました。

f:id:gaiao_tanoshimukai:20161121050517j:plain

 

 

その後、古里民宿で昼食をとり、(とても豪華でした)

赤羽地区の大昌寺や泉福寺では、文化財を堪能。

このころ、まだ、熊野古道の知識があまりなかったので、

お寺の庭をさして、小倉先生が「ここに熊野古道が通っていた」

とおっしゃったときはびっくりしました。

 

その後、魚まちを散策しました。

この時、初めて長島神社のクスノキに出会いました。

すごく心惹かれて、印象に残りました

 

この日、伊勢エビ漁の解禁の日で、漁船が一斉に海に向かうのを見ました。

また、マンボウが港あがったと知らせを受け、見にも行きました。

 

 

紀北町は、その後もたくさん訪れていますが、

食事もおいしいところが多いです。

このほかにもまだまだ、行けていない魅力的なところがあります。

ぜひ、紀北町へお越しください。

 

紀北町観光協会

www.kihoku-kanko.com

 

 

紀北町観光協会ブログ

http://www.kihoku-kanko.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

チラシをいろいろと置きに行きました

準備

近鉄週末フリー切符を使って、三重県内の施設にチラシを頼みに行きました


一発目に、ドキドキしながら行った伊勢市観光文化会館さんは、
どうぞとあっさりとお願いできました。


その他、何箇所か回って、断られた所もありましたが、
概ね置いて頂きました。(感謝です)

 


特に印象に残ったのは、名張駅前の観光協会出張所と桑名です。


名張市図書館では断られましたが、(市内のみのため)
観光協会さんは、私達がなぜ名張市に入ったかも、映画のことも詳しくお話を聞いて頂きました。


名張市にどうしても入りたいと思っていたのは、

能面の阿古父尉を天河に置いて行った観世元雅のおじいちゃんの
観阿弥が生まれた場所とされているからです。

能についてのイベントが多い名張市には行きたいと思いました。


その事実がわかったのは、チラシを配りに行く数日前でした。
(ずっと伊賀市だと思っていた)


ここの観光協会さんは、三重県が前までやっていたみえ旅バスポート
(今は、みえ食旅パスポートをやっています)を、この場所で上がりになって、応募箱に入れるとき、
一緒に『当たりますように』って、拝んでくださり、とても印象に残っていました。


名張市は、江戸川乱歩のゆかりもありますが、最近、観阿弥の関係で観光に来る方も多いそうです。

 


さて、色々配って桑名にきて、観光協会さんによろうと思い、
桑名市駅前のサンフォーレさんに行きました。

観光協会さんは移動されていて、シャッターが下りていたので、頼めなかったのですが、
この施設の二階に、なぜか紀北町のポスターを張ったコーナーがあります。


桑名市役所の出張所の方に聞くと、一階のまちづくり桑名さんが管理されていると聞きました。


受付時間もすぎていましたので、場所だけと思い、場所を見にいきました。
事務所がわかりずらくて、かなり行ったり来たりしました。

 

駐車場管理のような事務所に入って聞こうと思い、
事務所に入って聞くと、奥にあると教え頂きました。

でも、社長がいますからと、社長さんが出てこられてました。
「ポスター貼らして頂けますか?」と伺うと、
紀北町のものなら、どしどし張って下さい」とおっしゃいました。

お言葉に甘えて貼らして頂きました。


前からここに来るたびに気になっていたので、
後で経緯を聞けば良かったなと思いました。

今度、うかがったらぜひ聞いてみようと思っています。

名古屋大須 シアターカフェ 地球交響曲ダイジェスト版と予告編上映のお知らせ

お知らせ

以前、会社のお友達に誘われて、はじめて行った名古屋大須のシアターカフェさんで、
池松壮亮さん主演の「家族の風景」(2013/37分)という映画を見ました。

 

友達は、池松壮亮さんが好きで見に行ったようです。

 

池松壮亮さんが学生時代に卒業制作で作った監督作品でかなりレア作品だったようで、
他のお客さんも愛知県ではないところから、見にいらっしゃっていました。

 

私は、その映画に付随した、なっとく豚の試食に興味があって行きました。

 

そのことのおかげで、主催した なっとく豚さん と知り合うことができて、

シアターカフェさんという小さな上映ができるスペースを知りました。

 

龍村仁事務所さんから、映画上映の宣伝ということで、

第1番~第6版のダイジェスト版と第7番、第8番の予告編をお借りすることができました。

 

 

名古屋でも流したいと思い、シアターカフェさんのご厚意で、

夕暮れシアターとして流していただけることになりました。

 

少し大きな画面で見ると、感じ方が違うと思います。

よろしければ、大須に来たついでに、足をお運びください。

 

 

11月の夕暮れシアター上映日は
11/11(金)
11/14(月)
11/18(金)
11/20(日)
11/21(月)
11/25(金)
11/27(日)
11/28(月)

シアターカフェさん
〒460-0011
名古屋市中区大須2丁目32-24 マエノビル2階
 電話:052-228-7145
営業時間:13:00-21:00(火-木曜定休)

http://www.theatercafe.jp/

11/5、6の天満荘さん 「心躍る!大漁旗展」にて、地球交響曲予告編の上映予告です

お知らせ

 

先日、東紀州に行って、天満荘の松井さんを訪ねに行きました。

 

以前から、どこかで地球交響曲の予告編を上映したいと考えていて、

天満荘さんで出来ないかとお話していたところ、
11/4~11/14まである「心躍る!大漁旗展」というイベントで
11/5に映像を流すので一緒に流しましょうということになりました。

 

龍村仁事務所さんにも許可いただいたので、一緒に上映いたします。

地球交響曲の映像を見たことがない方、予告編ですが

尾鷲大漁旗職人ムービーと共に、お楽しみください。

 

 
天満浦百人会 天満荘さんFacebook
https://www.facebook.com/tenmaura/

尾鷲 大漁旗物語

http://tenmaura.org/flyki.html

 


 

「心躍る!大漁旗展」

日程: 11 月 4 日( 金 ) ~ 11月14日(月)

時間: 10時00~16時00(火・水・木は休館) 
場所: 天満荘(三重県尾鷲市天満浦161)

お問い合わせ: 天満荘
電話:0597-22-7880
営業日 : 毎週金・土・日・月曜日
営業時間 : 10時00分~16時00分
11月5日はフリーマーケットやお子様向けのイベントも開催予定!

※11/5は、「尾鷲大漁旗職人ムービー」と「地球交響曲第1~8番までの予告編」の上映
※11/6は、「地球交響曲第1~8番までの予告編」の上映をいたします

 

11/5は尾鷲漁港では朝から「イタダキ市」も開催です